もしかして、あなただけかもしれません


■「奥さまはiDOL -塩見周子編-」
 


■「奥さまはiDOL -小早川紗枝編-」
 




シリーズ -隣りにいるアイドル-

#3 「屋上は年中無休」 高槻やよい

はしゃぐ子供たちの声がかしましい。
特設ステージは早くも設営スタッフによってバラされている。
動物や車を模したコイン式の乗り物や、猫の額ほどの英国風ガーデン、あとはわずかに売店が並んでいる。
駅前デパートの屋上だ。

たまの仕事といえばこんな場所でのミニライブ。
もう少しやよいにはいい目を見させてやりたいのだが、努力が必ずしも報われるわけではない。
運否天賦も重要な業界だ。
めげずにやっていくしかない。
むしろ彼女のほうがこういう逆境では力強く、私は一喜一憂を表に出さぬようにするのに精一杯だが、やよいはといえば輝くような笑顔で今日のライブを大きく盛り上げていた。
資質は充分なのだ。

全力でライブを終えたやよいの所へ、両手に抱えきれないくらい売店のジャンクフードを差し入れする。
私に気づいたその瞬間の目は標的を捉えたハンターのそれであったが、遠慮することなくこれは全てやよいのものである、と告げてお店を開くように広げてやる。
ホットドッグ、フランクフルト、たこ焼き、ソフトクリームetc、栄養のバランスもへったくれもないが、やよいは両手にそれ等をかかげ持って交互に口に運んでいる。

繰り返しになるが、資質は充分だ。
このすばらしい笑顔を、生かすも殺すも私の手腕ひとつである。
幸せの吐息をもらすやよいを横目に、私は心中で気合の拳を握った。

やよいがソフトクリームを一口くれた。
抜けるような青空が今日はやけに高かった。

「屋上は年中無休」高槻やよい

―了―

→ next iDOL 秋月律子 「真夜中のグルマン」





小川一水の「時砂の王」を読みました。

時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)
(2007/10)
小川 一水

商品詳細を見る

時間遡行戦記とでもいったような内容でしょうか。
未来から訪れた人造兵士と卑弥呼との邂逅を皮切りに、謎の敵との戦いが語られていきます。
数千年の時の中での戦争というスケールの大きさに比して、ページ数はすごくコンパクト。
この圧縮感によって、本編で語られることのなかった数々の戦いとその歴史に思いをはせる事ができて、味わい深いのかもしれません。

知らない、おもしろいものってたくさんありますよな。
いいかげん数年越しでの積ん読、積ん漫画をボチボチ切り崩していこうかと計画中。
時間の使い方、もっとうまくなりてえなぁ。


以下、拍手ありがとうございます。
うれしいです。
【“シリーズ -隣りにいるアイドル-”の続きを読む】
  1. 2009/03/30(月) 23:48:39|
  2. アイマス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
  1. 無料アクセス解析