もしかして、あなただけかもしれません


■「奥さまはiDOL -塩見周子編-」
 


■「奥さまはiDOL -小早川紗枝編-」
 




愛増す、日々

愛増す

ますます美希は多忙を極めた。
ゆっくりできる事もなくなったし、二人の時間も中々つくれなくなった。
今もまた、分刻みのスケジュールだ。
寝る間もなく早朝から次の仕事が迫っている。
けれど、ひとつの不満も言わず、美希は私を信じてついて来てくれている。
「そろそろ行こうか」と声をかけた。
ふと、寄り添う美希と瞳が絡む。
きつく、抱きしめた。

パートナーとしての信頼がある。
そしてもうひとつ、確かに愛情があった。 

-了-



やっと帰ってきました。
新刊作業がいよいよ差し迫っております。
がんばらねばな。


拍手、ありがとうございます。
初期のエントリーまでさかのぼって押してくれた人、おつかれさまです。
ありがとうございます、でも正直恥ずかしいな。

夜歌さんにも伊織を見てもらえたぞ。
喜んじゃいますよ。

  1. 2008/07/02(水) 18:08:28|
  2. アイマス
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
  1. 無料アクセス解析